初めての車の鍵交換☆情報ガイド

home > 車の鍵交換について > 車の鍵を交換するケースの費用と方法について

車の鍵を交換するケースの費用と方法について

 自動車についても長期間にわたって乗車していると、多種多様な要因でさまざまなトラブルが起こってしまうことがあります。
自動車の鍵にトラブルが出た時、鍵交換を思案する方も多いと考えられますが、可能な限り必要となる費用は安く済ませたいと考えるのは当然です。
自動車の鍵交換をお願いするケースで支払うことになる必要となる費用は、主として鍵の交換のための必要な作業の費用とそれから、出張費もしくは夜間や深夜手当といったオプション的なコストとの2タイプで成り立っています。
まず第一に、鍵の交換のための必要な作業のコストについては、車の製造メーカーや車の種類それから、年式などによって違ってくるので、ウェブサイトなどを一目見た限りでは、ざっくりした価格のレンジはわかっても、細々とした額までは見当が付かないケースが少なくありません。
したがって、一回鍵業者に対して車の重要な情報や鍵の様子を伝え、見積もりを取ってもらうと賢明でしょう。

 車の鍵交換については、一式するのか或いはドアのみ、さらにイグニッションキーのみなど一部交換が出来ます。
交換が強いられるときは、鍵がすり減り使用しづらくなったケースや、車の鍵を失くした際などを挙げることが出来ます。
防犯上の事情からチェンジすることが多く、お願いするケースではどういう部分を取り換えたらいいのか悩んでしまいます。
ひとつの例として、ドアの鍵そのものがすり減っていたケースで一切合切チェンジするにはコストパフォーマンスが悪すぎですから、助手席のドアの鍵とチェンジする手段もあります。
鍵穴の組み換えというテクニックもありまして、新たなる鍵を作成して一切合切組み替えれば、新しい鍵を一式交換するのに比べてコストはかかりません。
ですから、状況に応じて専門業者と相談しながら対処することが重要になります。

 イモビライザーキーのケースでは、鍵業者で対策をとっていれば、ディーラーなどにお願いするよりも安く済むことになりますが、手段を講じていないケースになるとディーラーを活用することによって新たなる鍵を発行してもらって入手しましょう。
新しい鍵が手元に来るまで2週間くらいかかるケースがあります。
イモビライザーキーのケースでは、自動車に対して実装されているコンピューター及び鍵のICチップの番号自体が同じでないとエンジンが掛からないようにプログラミングされていますので注意が必要になります。
差し替える際も必要となる費用が高くつく可能性が高いため、無くさないよう気を付ける必要があります。
鍵業者であってもイモビライザーキーのケースでは手段を講じてくれる所が多くないですが、一回電話を入れて相談すると良いでしょう。

次の記事へ